少年時代はほんの些細な出来事でも、親や周りの大人たちから大きな喝采を得たことでしょう。
偉いねと褒めてもてはやされ、良くやったと頭を撫でてもらっていたはずです。
褒められるという状態に満足を覚え、子供心にもっと頑張ろうという気分になることもあったのではないでしょうか。

しかし大人になっていくにつれて、そのような甘やかされた現状は薄れていきます。
子供のころに比べると、大人になった現在の自分がしている努力は二倍にも三倍にもなっているはずです。
しかしそれに比例して褒められる回数が増えるかというとそうではありません。
努力するべきことや努力している状態は大きく膨らんでいくのに、褒めてもらう機会は年々減っていくでしょう。

大人なのだからこの程度はできて当たり前という一般的な考えの他にも、真面目で優秀な人ほど直接的な褒められる機会を失いがちかもしれません。
この人はすごいなという周りからの称賛は確かにあります。
しかしその大前提にあるのは、優秀な人なのだから任せておけば絶対に大丈夫だろうという他者からの勝手な予測でしょう。
この人ならばできるはずだという他人からの大きなプレッシャーばかりが膨らみ、よくやったと褒められるどころか期待以上の成果を求められてしまうのです。

しかしどんなに優秀な男性でも一人の感情を持った人間であることに変わりはありません。
期待は嬉しいと思えても、重すぎるプレッシャーはただの負担でしょう。
しかしそんな時に男性の努力をきちんと見ていて、正当な評価をしてくれる女性との出会いが合ったらどう思うでしょうか。
救われた気分にもなるでしょうし、自分のことをよく見てくれる女性を大切にも思うでしょう。

優秀な男性達にとって、優秀と評価されるまでの努力を褒めてくれる女性はとても深い存在となるのです。
出会いアプリのような場でも、仕事や日常の話をしてくれる男性はいるはずです。
アプリから読み取れる男性の苦悩はあるでしょうか。
頑張っている男性でも、頑張っていることを評価してもらえていない場合は沢山あります。

そんな男性を癒し、励ませる女性であれば、実際に出会いたいと思う相手にもなりやすいでしょう。
優秀な男性の疲れを見極め、効果的な褒め言葉を贈ると良いでしょう。