女性から好かれる男性の多くは、女性の変化に細かく気付いてさり気なく褒めることをしています。
髪形が変われば美容室に行ったのと尋ね、自然な笑顔で似合っているねと一言付け足すでしょう。
料理を作ってくれた彼女に感謝の気持ちを忘れることなく、いつも美味しいとかまた腕を上げたとかの褒め言葉を口にします。
儀礼的な上辺だけの言葉ではなく、言葉に伴う表情があれば誰もその男性を疑いません。
男性もまた本心から述べている言葉であれば、さり気なくごく自然な流れで褒めることができるでしょう。

ではそんな褒め上手な男性を褒めようとした時、女性はどのように相手に気持ちを伝えるでしょうか。
人を褒めることが得意な男性は、基本的におおらかで器量の大きな人達です。
何もしなくても人の長所が自然と目に付いてしまうのでしょう。
それをただ口に出しているだけなので、本人としてはその行為に不自然な状態はありません。
しかしそんな男性を褒めようとする女性がもしも人を褒めることが得意でなかったら、褒めるはずがいつの間にか反対に褒められている状況になってしまうこともあるでしょう。

人を上手く褒められない自分自身に対して落ち込んでしまう場合もあるかもしれません。
そのため褒めることが上手な男性を褒めたいときは、その優しさや周りをよく見ている目を評価すると良いでしょう。

他者のことをよく見て、長所を感じ取れることはそれ自体がその人の良いところです。
いつも周りをよく見ているねと相手のことを評価するためには、その相手のこと自体を視界に収めておかなければ気づくことができません。
さり気ない行為の伝え方としてもこれは最適でしょう。
褒め上手な男性との出会いで必要なのは、そんな相手の本質をよく見極めているというアピールなのです。

では例えば実際に目で見ることは叶わない、出会いアプリのような場ではどのようにすれば良いのでしょうか。
アプリでは最初はメールでのやり取りしかできないはずなので、一つ褒められたら一つ褒め返すくらいがちょうど良いのではないでしょうか。

まだよく知らない相手のことをメールであれこれ褒め立てても、アプリの中では正確に伝わらない場合もあります。
褒め時は実際の出会いを外で果たしてからです。
それまでは着実に相手に近づきながら、褒めたくなる部分を一つずつ自分の中に残していくと実際に会う時の印象がとても良くなるでしょう。